障害年金の制度について

障害年金は、次の3つの要件を満たした場合に支給されます。

※ 3つの要件は、人によってそれぞれです。また、例外規定もあります。

※ 「よくわからない」「もっと詳しく知りたい」など、お気軽にご相談ください。

初診日の要件

初診日はいつですか?

障害の原因になった怪我や病気について、初めて医師、歯科医の診療を受けた日が初診日です。

初診日の具体例
  • 初めて診療を受けた日(治療や療養に関する指示があった日)
  • 同一の傷病で転院した場合は、一番初めに医師等の診療を受けた日
  • 健康診断などで異常が発見され、療養に関する指示を受けた場合は、その健康診断を受けた日
  • 障害の原因となった傷病の前に、その傷病と関係があると認められる傷病があるときは、最初の傷病の初診日

その他の初診日ついても、お気軽に「障害ねんきん相談室」にご相談ください。

障害年金を受給するには

障害年金を受給するには、初診日が次のいずれかに該当する必要があります。

その1:国民年金に加入している
初診日に国民年金に加入している方は、障害基礎年金の受給の可能性があります。
その2:国民年金に加入していた
国民年金に加入ししていた方で、初診日に60歳~64歳までの日本国内に住所のある方は、障害基礎年金の受給の可能性があります。
その3:厚生年金に加入している
初診日に厚生年金に加入している方は、障害基礎年金、及び、障害厚生年金の受給の可能性があります。

国民年金保険料を納付していないのは、加入していないというわけではありません。「滞納期間」となります。

保険料納付の要件

保険料は納付してますか?

初診日の前日までに、「保険料」を一定基準以上収めていることや「免除申請」などしていることが必要になります。

保険料の「納付済期間」「滞納期間」「免除期間」の具体例
  • 厚生年金への加入期間は、保険料納付済期間となります
  • 主婦(いわゆる「第3号被保険者」)であった期間は、保険料納付済期間となります
  • 海外居住中の年金制度未加入期間は、滞納期間ではありません
  • 失業者、無職であった方、自営業者であった期間であって、国民年金の保険料を納付していなかった期間は、滞納期間となります。
  • 国民年金の加入期間であって、保険料の免除を受けていた期間は、保険料免除期間です

その他の初診日ついても、お気軽に「障害ねんきん相談室」にご相談ください。

障害年金を受給するには

障害年金を受給するには、保険料納付について次のいずれかに該当する必要があります。

その1:3分の1以上滞納がない
初診日に国民年金に加入している方は、障害基礎年金の受給の可能性があります。
その2:直近1年間に滞納がない
国民年金に加入ししていた方で、初診日に60歳~64歳までの日本国内に住所のある方は、障害基礎年金の受給の可能性があります。

厚生年金に加入している方は、原則、国民年金の加入者です。厚生年金加入期間は国民年金加入期間でもあります。

障害認定日の要件

障害認定日っていつになるの?

障害年金は、傷病になってすぐ受給できません。障害認定日の障害の状態によって受給が決まります。

障害認定日の定め方

障害認定日とは、次のいずれか早い日になります。

その1:初診日から1年6箇月後
初診日から起算して、1年6箇月が経過した日
その2:病症が治った日
1年6箇月の期間内にその傷病が治った日
※「治った」とは、傷病の症状が固定し治療の効果が期待できない状態になった場合をいいます。
障害認定日の特例疾病

疾病によっては、療養中であっても「治った」状態とみなされ初診日から1年6箇月の経過を待たずに、障害認定日とすることとされています。

人工透析療法 透析を初めて受けた日から起算して3カ月を経過した日
人工骨頭又は人工関節を挿入置換 挿入置換した日
心臓ペースメーカー
植え込み型除細動器(ICD)又は人工弁を装着
装着した日装着
人工肛門又は新膀胱の造設
尿路変更術を施術
造設又は手術を施した日
切断又は離断による肢体の障害 切断又は離断した日
(障害手当金又は旧法は、創面が治癒した日)
喉頭全摘出 全摘出した日
在宅酸素療法 開始した日
障害認定日における障害等級ごとの受給額(平成30年8月現在)
1 級 【障害厚生年金 + 配偶者加算】
+【障害基礎年金(年額 974,125円)+ 子どもの加算】
2 級 【障害厚生年金 + 配偶者加算】
+【障害基礎年金(年額 779,300円)+ 子どもの加算】
3 級 年額 584,500円(最低保証額)
障害手当金 一時金 1,169,000円(最低保証額)

障害厚生年金は初診日に厚生年金に加入していた場合に支給されます。
※国民年金のみの加入の場合、1級または2級のみの支給となります。
※障害手当金を受給するには初診日に厚生年金に加入している必要があります。
※加算対象となる子どもは、18歳以下または20歳未満で1級または2級の障がい者

障害年金受給額の具体例
case1:厚生年金加入
1 級 【1,400,399+224,300】+【974,125+224,300×2】
 = 3,047,424円(月額 約25万)
2 級 【1,120,319+224,300】+【779,000+224,300×2】
 = 2,348,219円(月額 約20万)
3 級 1,120,319円                (最低保証額 584,500円)

※平均標準報酬月額とは、平成15年3月までの1ヶ月分のおおよその給与(税込)の平均です。
※平均標準報酬額とは、平成15年4月以降の平均標準報酬月額に賞与の総額を加えて算出した1ヶ月分のおおよその給与(税込)の平均です。

case2:国民年金加入
1 級 【974,125+224,300×2】= 1,422,725円
2 級 【779,300+224,300×2】= 1,227,900円
3 級 な し

※国民年金のみの加入の場合、1級または2級のみの支給となります。

case3:厚生年金加入遡り請求

5年間さかのぼり受給する場合

1 級 【513,844】+【974,125】= 1,487,969円
※遡及年金額(5年分)7,439,845円
2 級 【411,075】+【779,300】= 1,190,375円
※遡及年金額(5年分)5,951,875円
3 級 584,500円
※遡及年金額(5年分)約2,922,500円

障害年金が決定されると約1.5ヶ月後に初回支払があり2回目以降は偶数月の15日に2ヶ月分づつ支払われます。(年に6回)
遡及支払いは初回の支払い時に一括で支払われます。
障害年金は全て非課税です。