障害年金のプロが担当した事例を一部ご紹介

精神の受給事例

50代女性(躁うつ病、パニック障害)

6年程前、激しい動悸、めまいなどにおそわれました。 その後パニック発作が頻繁に起き、服薬により収まりをみせましたが、依然として日常生活上大きな支障があります。

50代女性(躁うつ病、パニック障害)の受給認定事例
40代女性(うつ病)

家庭にトラブルがあり、イライラ感やどうしようもない気分の落ち込みが出るようになりました。 その後も症状は続き、頭痛も頻繁に発生していたことから精神科を受診するに至りました。

40代女性(うつ病)の受給認定事例
30代男性(うつ病)

3年程前から、仕事によるストレスで不眠が続き、抑うつ気分が増大し精神科を受診しました。 その後、会社を退職しましたが、抑うつ状態が続いており、家族の支えを必要とする常態です。

30代男性(うつ病)の受給認定事例